「24時間営業、見直して」 ローソンのオーナー店長が本部に団体交渉を申し入れるも拒否される… オーナー夫婦は月650時間労働で収入40万円

ローソン店長、団体交渉申し入れ 「24時間営業、見直して」

▼記事によると…

・大手コンビニ「ローソン」のオーナー店長の男性が14日、24時間営業や契約内容の見直しなどを求め、本部に団体交渉を申し入れた。

男性によると、妻と2人合わせた月の労働時間は約650時間で、実収入は2人で月40万円程度。時給にすると700円以下となり最低賃金を大きく下回る。

男性は東京都内で記者会見し、「これだけ働いているのに生活が成り立たない。休みや営業時間を決めることもできず、立場は労働者だ」と訴え。

本部は申し入れに対し、その場で「団交は受けられない」と拒否したという。

2019年6月14日 18時18分
https://news.livedoor.com/article/detail/16619665/

ローソン


株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。
ローソン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

アルバイト雇ってるんじゃ?

過労死が心配だ

ヤマザキデイリーストアが勢力拡大の予感( ̄▽ ̄)=3

契約も完全なものではないだろうし、見直しを計らないといつまでも変わらないだろうな。

こういう訴えがもっと広まれば良いと個人的には少し思います。

実収入月40万円のビジネスを自分でやればいい。誰も頼んでないよ、商売を舐めすぎサラリーマンでもやれ。

契約書見てみたいよな

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認