【逃亡犯条例抗議デモ】香港警察が催涙ガス…負傷者72人 行政長官は秩序回復促す、条例撤回意思なし

香港警察が催涙ガス-行政長官は秩序回復促す、条例撤回意思なし

▼記事によると…

・香港で中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案に反対する抗議活動が12日も続き、一部参加者は香港中心部の主要道路を封鎖した。群衆は香港政府庁舎に押しかけ、立法会(議会)への侵入を阻止しようとする警官隊が催涙ガスやゴム弾を使用、負傷者が出た。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は秩序を取り戻すよう促した。

・林鄭行政長官は「社会が早急に秩序を回復し、暴動による負傷者がこれ以上出ないよう望む」とビデオメッセージで表明した。

・香港医院管理局によると、これまでに72人の負傷が確認され、病院で治療を受けている。街頭デモは9日に主催者発表で参加者数が100万人を突破し、1997年の中国への返還後で最大級の規模に達していた。

・香港当局は同条例改正案の廃案というデモ隊の要求に屈するつもりはないとしている。同長官は香港テレビ局TVBとのインタビューで、「この問題を理由にやましさを感じることは全くない」と発言。香港が逃亡犯の隠れ家となるのを防ぐために改正案は必要だとし、香港を裏切ることは決してないと声を震わせて訴えた。

2019年6月13日 3:00
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-12/PSZ9676K50XU01

林鄭月娥 プロフィール


林鄭 月娥は、香港の政治家。政務司司長、開発局長を歴任。現在、第5代中華人民共和国香港特別行政区行政長官を務める。キリスト教徒。
生年月日:1957年5月13日 (年齢 62歳)
林鄭月娥 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

まさか香港議会が親中過半数以上、これは「シレ~」っとしたたかな・・・日本も気を付けなければ(´・ω・`)

まごうことなき脅しですね

要はデモしたら将来は保証しないという脅しですね。

シールズの若者たちよ!一刻も早く酒をかわし話し合って来い!

沖縄独立後の未来。

今の香港政府は腐ってるなぁ

何故、デモが起きたのかを考えれば非難する対象は中国だろうに。もはや行政も乗っ取られたか。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認