北京市の公務員が皇居周辺でドローン撮影

▼記事によると…

・今月7日の午前8時ごろ、中国・北京市の男性公務員が先週、皇居周辺で禁止されているドローンを飛ばし、迎賓館や東京駅などを撮影していたことがわかりました。

・皇居周辺を警戒していた機動隊員が、地上からおよそ30メートルの高さにドローンが飛んでいるのを見つけました。

・皇居周辺や都市部の人口密集地などでは原則、ドローンの飛行が禁止

・男性は「個人的な趣味で撮影した」「ドローンを飛ばしてはいけないと知らなかった」と説明し、すでに帰国した

6/12(水) 13:00
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190612-00000033-jnn-soci

無人航空機


無人航空機は、人が搭乗しない(無人機である)航空機のこと。通称として、短くドローン(英: drone)と呼ばれることもある。
無人航空機 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

スパイ防止法!!! 早く!

スパイかもしれないのに、日本政府の危機管理能力、いつもお粗末ですね・・

日本じゃ何事も無く帰してもらえるけど、中国でこれやったらスパイ容疑で長期拘留。重要施設ばかりだから○刑さえ考えられる

当然データは全没収全消去したんだよね!?

最近皇室周りで問題起きすぎでしょ😱管轄は宮内庁?わからんがもっといろいろ厳しくして

法整備すらしないでやられたい放題ww

スパイにも優しい国、日本

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事