ソウルの中心で親日を叫ぶ「徴用工判決は歴史歪曲だ!」…韓国人研究者が国連へ参加予定

ソウルの中心で親日を叫ぶ…「徴用工判決は歴史歪曲」韓国人研究者が国連へ

▼記事によると…

・「労働者像設置は歴史歪曲だ!」
「文在寅政権は日韓基本条約の効力を否認する外交破綻を中断して伝統的な友好善隣関係を回復しろ!」

6月5日、ソウル中心部の光化門広場前で、こんなシュプレヒコールがこだました。多くの観光客が行き交い、文在寅大統領が執務する青瓦台もすぐそばだ。徴用工像設置は歴史的事実に反していて、文在寅政権は日本との友好関係を回復すべきとの主張は、韓国政府や主要韓国メディアとは、かなり距離がある。ただし参加者は20名ほどで、足を止めてその声に耳を傾ける人はほとんどいない。この集会は、韓国近現代史研究会など4つの保守系団体が共催したもの。

・今回の集会の主催者の1人である、落星台経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究員は、イメージ・定説に疑義を呈している。

・李研究員は7月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で日本の民間団体「国際歴史論戦研究所」が企画したシンポジウムに参加する予定だ。

・李研究員に、いわゆる徴用工を巡る問題の解決法も聞いてみた。
「問題は韓国が処理しなければならない。朝鮮人の労働者の歴史的な事実について韓国政府はきちんと調べる必要がある。それと同時に日本政府と交渉すべきで、日本は仲裁や国際司法裁判所への提訴に固執しない方が良い」

6/10(月) 12:03
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00010004-fnnprimev-int&p=1

徴用工訴訟問題


徴用工訴訟問題とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。
徴用工訴訟問題 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

韓国が民主的で言論の自由を尊重する国ならば、こうした意見にしっかりと耳を傾けなければならない。

データを基にした見事な研究成果です。歴史を扱う者の一人として敬意を表します。

大丈夫かな生命は、そんな真実をこの国で公言して

「親日」ではない。事実を言ってるだけ。それでもその勇気に敬意を表します。

日本のオールドメディアは大至急取材に行くべきです

真面目に危険が迫る話だと思う。正しいことを発言してくれる嬉しさはあるが、ご本人の事を第一に考えて行動してほしい。

この研究者が捕まらないことを願う

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認