丸山穂高議員に対する糾弾決議案、小泉進次郎氏は採決を退席「みんなで糾弾するのは、腑に落ちなかった」

Mi2さんのツイート

【小泉進次郎は採決を退席】

衆議院本会議で丸山穂高議員に対する糾弾決議案の採決の際、議場から退席した、自民党・小泉進次郎

議員の出処進退は本人が判断すべきで、みんなで糾弾するのは、腑に落ちなかった

と最終的には選挙を通じて有権者に判断を仰ぐべきとの見解。

小泉進次郎 プロフィール


小泉 進次郎は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党厚生労働部会長。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長などを歴任。 父は第87代・第88代・第89代内閣総理大臣の小泉純一郎、兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。
生年月日:1981年4月14日 (年齢 38歳)
小泉進次郎 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いつものパフォーマンスの一環だが、今回は結果的に正しい

それでいいと思う

ならば堂々と反対票を投じればよい。退席による意思表示など曖昧であり中途半端。

さすがパフォーマンスについては一流

小泉進次郎氏は暗に「これだけ問題になっているのだから、いい加減進退を決めろ」という、メッセージを送った感じがしますね。

ええカッコしい。ただのカッコマンですわ

まともです

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認