丸山穂高議員の進退判断促す糾弾決議が可決…「衆議院の権威と品位を著しく失墜させた」

丸山議員 みずから進退判断促す糾弾決議が可決

▼記事によると…

・北方四島を戦争で取り返すことの是非などに言及した丸山穂高衆議院議員を糾弾し、みずから進退を判断するよう促す決議が、衆議院本会議で全会一致で可決されました。

・丸山氏は本会議を欠席しました。決議では「丸山氏は、議員としてあるまじき数々の暴言を繰り返し、わが国の国益を大きく損ない、衆議院の権威と品位を著しく失墜させた」と批判しています。

そのうえで「国会議員としての資格はないと断ぜざるをえない」と糾弾し「直ちにみずから進退について判断するよう促す」としています。

衆参両院の事務局によりますと、議員に対する「糾弾決議」は初めてだということです。

2019年6月6日 13時11分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190606/k10011942871000.html

丸山穂高 プロフィール


丸山 穂高は、日本の政治家、衆議院議員。
生年月日:1984年1月10日 (年齢 35歳)
丸山穂高 - Wikipedia

▼動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

こんな議決がありなら、丸山氏だけではバランスが取れませんね。

法的な強制力はなく、声を大きくしただけ

蓮舫と辻本議員対してもこれくらいして欲しい

最終的には選挙での有権者の判断によるものだ←ほんまこれ

日本維新の会への失望は当然として、こんな決議に乗った自民党にも同じく失望する

言論を弾圧する気か?まるで戦争アレルギーだなこりゃ

他にも糾弾されるべき議員がたくさんいると思いますが???

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認