<社説>浦西中に米軍落下物 「普天間」は早急に閉鎖を

▼記事によると…

・最も安全でなければならない学校に、またしても米軍ヘリの部品が落下した。今度は浦添市の浦西中学校だ。2017年にも米軍は宜野湾市の普天間第二小学校で落下物事案を引き起こしている。これ以上、看過できない。危険な米軍普天間飛行場は早急に閉鎖すべきだ。

米海兵隊は浦西中で発生した落下物について普天間飛行場所属のCH53Eヘリコプターのプロペラ部品であることを5日認めた。

浦西中では4日午後3時半ごろ、校庭のテニスコートに生徒二十数人と野球部員がいた。部活動をしていた生徒は「校庭の上空からひらひらと何かが落ちてきた」と話している。

2019年6月6日 06:01
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-931273.html

▼関連画像

浦添市立浦西中学校


浦添市立浦西中学校は、沖縄県浦添市当山三丁目にある公立中学校。略称は「浦西中」。
浦添市立浦西中学校 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

米軍のゴムひらひら舞い散る。僕は君を想う

活動家はヒラヒラと落ちて来たゴム片で怪我をしてしまうのか

そんなこといいからもっと ゆたぼんさんを取材して

ドローン落とすほうが危険だろ

子供に当たらなくて、本当によかった。再発防止を徹底してほしい

もう米軍基地いらねえだろ。あいつらいなくなったら平和に過ごせるのに、米軍基地置いてたときに助成金でてたな。米軍基地おいた被害でかいから助成金ふやせよ

花びらも舞ったら危ないので木は全部伐採で

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認