@sunegebohbohmanさんのツイート

私は医者ですが、安楽死自体には実は反対ではない。

が、日本のような人権も個人の尊厳もへったくれもない社会でやるようなもんではない。

あれは、個人の権利の尊重をとことん突き詰めた先にある、究極の自己決定の一つであって、未開社会でやってはならないと断言する。

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

安楽死


安楽死(あんらくし、英語: euthanasia)とは、人または動物に苦痛を与えずに死に至らせることである。一般的に終末期患者に対する医療上の処遇を意味して表現される。安楽死推進団体に所属し、スイスで安楽死したオーストラリアの環境学・植物学者 デイビット・グッドールは「ふさわしい時に死を選ぶ自由」と定義している。
安楽死 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

半分同意だけど安楽死の無い今をそれが濫用されてしまった状態と同レベルに悲惨だって事を感じないならそれはその悲劇にさらされてない強者の理屈ではあるよ

「ハンセン氏病の悪夢」を構造的に繰り返すのが日本社会🇯🇵ですからね……

日本人は弱者を思いやる心が致命的に欠落しておりますので、「てめーなんでまだ生きてんの?さっさと安楽死しろよ」と言った強迫による“最終的には被害者自身が手続きを処理している為、法的には裁けない殺人”が横行するのが目に見えているから、かと思います。

病気に苦しむ身内どころか見ず知らずの他人に向けて「苦しいなら早く安楽死したらいいのに」と言えてしまう人が沢山いそうですね...

自殺が罪で安楽死は権利って考え方が理解できない。

国家が成熟しているからこそ踏み込める領域なのだと感じました。今のままの日本で施行されたら恐ろしい事になってしまう。

仮に安楽死が制定されたら、医師や患者家族による悪用の事案が間違いなく起きると思います。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事