青森ICの名物看板、より丁寧な言い回しに 利用者から苦情や要望はなく自主的判断

担当者に直撃 青森ICの名物看板をわざわざ「丁寧」にした理由

▼記事によると…

・東北自動車道下り線の終点・青森インターチェンジ(IC)付近に設置された「おつかれさま」の看板。40年にわたり数多くのドライバーを見守ってきたが、ついに新しい一文に切り替わった。

変更後の一文、それは「おつかれさまでした」だ。

・「おつかれさまでした」に切り替わったのは、2019年(令和元年)5月21日。変更した理由としては「より丁寧な言い回しにしようと考えた」とのことだ。

とくに利用者から苦情や要望があったわけではなく、あくまで自主的な判断で変更したという。

2019年6月3日 6時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/16558126/

青森インターチェンジ


青森インターチェンジは、青森県青森市にある東北自動車道のインターチェンジで、東北自動車道の終点である。 隣の青森JCTは当ICと青森自動車道の相互接続をしていないハーフJCTのため、当ICは浪岡IC方面への流出入だけ可能である。 東日本高速道路東北支社青森管理事務所が併設されている。
IC番号: 54
接続する一般道: 国道7号
青森インターチェンジ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

看板変えるための金無駄で草

肩の力抜けよぉ

上り線だとがんばってくださいって書いてありそうw

下だけ変えれば良いものの全取替は金の無駄

高速道路の案内表示のフォントは結構特殊な感じで好きだったんだけど、最近は普通のゴシック体が増えてきて悲しい。

おつかれさままで読んでたらよそ見で事故

・ちなみに、上り線東京方面は、「安全運転でいい旅を」から「安全運転をお願いします」に変更されています。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認