【大阪】公園にあったエサ食べ犬死ぬ → 嘔吐物から有害物質「エチレングリコール」が検出

公園にあったエサ食べ犬死ぬ 大阪、嘔吐物から有害物質

▼記事によると…

・生活環境課によると、死んだのは4歳の秋田犬のオスで体重約30キロ。

5月13日夜、飼い主の夫婦と散歩中に、北鶴ふれあい公園内のしげみに犬が頭を突っ込み、容器内の液体に浸されたドッグフード様のものを食べた後、衰弱し、翌14日未明から嘔吐し始め、21日に腎不全で死んだという。

飼い主からの通報を受け、府警が嘔吐物とドッグフード様のものを鑑定したところ、ともにエチレングリコールが検出された。

この公園内では容器を撤去した後、先月25日にも液体に浸されたドッグフード様のものが見つかったという。現時点では他の被害は確認されていないという。

2019年6月3日 12時10分
http://news.livedoor.com/article/detail/16559523/

エチレングリコール


エチレングリコールは甘味を持ち、生体内で代謝を受けると有毒化する。代謝物のシュウ酸による低カルシウム血症、シュウ酸カルシウムの析出による腎障害を引き起こす。不凍液の誤飲や、ワインなどの食品添加物に誤用(過去、日本やドイツでは故意に利用)されて中毒事件の発生や社会問題化することもある。ジエチレングリコールも同様である。
エチレングリコール - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ひどい😢

毒フード

これ置いた人が悪いのは間違いないだろうけど、飼い主もそこら辺に落ちてる物を食べようとしてたら止めてあげないと。

何故飼い主は止めなかった?

事故なのか故意なのかで変わりますね。イタズラで故意に置いてるんだったら罰して欲しいですよね。

いや、食べるな

野良犬、猫撃退用に置いたんだろうけど…ほんとこういうのマジやめてほしい…

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認