フィフィ「かつてここまで拉致問題に言及した米国大統領がいただろうか…常日頃“人権”にうるさいマスコミはもっとクローズアップするべきでは?」

フィフィさんのツイート

かつてここまで拉致問題に言及した米国大統領がいただろうか、明日は拉致被害者家族へお会いするスケジュールも設けている。

過激な言動で排外主義で気分屋さんみたいな報道ばかりどけど、常日頃“人権”にうるさいマスコミは拉致問題に向き合うトランプ大統領の姿勢をもっとクローズアップするべきでは?

フィフィ プロフィール


フィフィは、エジプト出身の主に日本で活動する外国人タレント。カイロ出身。国籍はエジプト。中京大学卒業。サンミュージックプロダクション所属。
生年月日: 1976年2月22日 (年齢 43歳)
フィフィ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

その通り。良い所もちゃんと報道評価して欲しい。

トランプさんが当選したとき、とんでもない事になると思っていましたが、良い意味で裏切られたと思います。アメリカファーストと言い切るトランプさんに心配もあったけれど、win×winな今の関係は悪くないと思います。

トランプ政権、拉致被害者全員奪還を真正面から向き合っています。2017年の国連総会で横田めぐみさんの名前を挙げて、国際社会にアピールされました。印象に残った国連総会でした。マスコミはあまり取り上げません。

はあ?と思う言動もあるけど、人間ってちゃんといいところもあるんですよね。そういう事をきちんと頭に入れて色んな事を考えていかなきゃいけないと改めて思いました。

人情味溢れる大統領で良かったです。✨

千秋楽でも我らが安倍首相は左胸にブルーリボンバッヂを付けていらっしゃいましたね!

批判もくらっているが、なかなか、良いところある。政治家の評価とは難しいわな😌

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認