王毅外相「経済的ないじめだ」 トランプ政権を批判

▼記事によると…

・アメリカのトランプ政権が中国のファーウェイとの取引を原則禁止したことについて、王毅外相は「いじめだ」と批判しました。

・中国外務省によりますと、王外相は22日に「アメリカは、国家の力でファーウェイのような中国の民営企業を理由なく圧迫していて、経済的ないじめ行為だ」と非難しました。

・「アメリカの自己中心的なやり方は、国際社会の合意や支持を得られない」と強調しました。

2019年5月23日 19時16分
http://news.livedoor.com/article/detail/16506083/

王毅 プロフィール


王 毅は、中華人民共和国の外交官。国務委員、第11代中華人民共和国外交部長。六者会合議長、外交部副部長、中国共産党第17期、18期、19期中央委員、駐日中国大使等を歴任。立命館大学第35号名誉博士。 日本語、英語に堪能で、日本では日本人相手の会見や講演を、しばしば日本語で行う。
生年月日:1953年10月8日 (年齢 65歳)
王毅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いじめ行為ねぇ。中国に進出した企業は多分「どの口がゆうか〜」って突っ込んでそう。

イデオロギーの差異をいい事に、まずコピー作ってテクノロジー盗んで他国を締め出して押し売りしてたのはどの国でしょうかね((´∀`*))ヶラヶラ やられて嫌なことはやらないに限りますね

お前らが他の国にやってたことだろ

中国も諸外国でやってるよね……借金のかたに港取っちゃうとか……

因果応報ってやつですね。

ずっと中国が周辺国にやってきたことじゃん。今さらみっともねえ泣き言

泣き言を言うって事は効いてるってことですね

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認