パン業界激震 「イーストフード・乳化剤不使用」表示の是非

▼記事によると…

・製パン最大手の山崎製パンが、今年3月26日、自社のウェブサイト上に〈「イーストフード、乳化剤不使用」等の強調表示について〉と題したページを公開した。当初は大きな話題になることはなかったが、そのページの存在が知られるにつれ、業界がざわついている。

・どんな内容かを紹介する前に、「イーストフード」「乳化剤」について説明しておこう。これらはパン作りに使われる食品添加物である。

・山崎製パンがウェブサイトで主張した骨子の一つは“イーストフードも乳化剤も危険なものではない”ということだ。

・山崎製パンは当該ページで何を伝えようとしているのか。

・同社が指摘する添加物表示義務を回避する技術とは、たとえば、イーストフードと同じ成分を含む天然物のドロマイト(炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムを含む物質)を使い、原材料名の欄に「ドロマイト」と表示して、イーストフードの表記を避けるといった方法があるという。乳化剤についても、製造過程において原料の脂質に脂質分解酵素を混ぜて反応させ、乳化剤の一つであるグリセリン脂肪酸エステルを生成させることで、乳化剤の表記を避けるといった「技術」があると指摘している。

・他社が「同等同質、あるいは同一の機能を有する代替物質」を使っておきながら、「イーストフード・乳化剤の不使用」を強調するのは、〈安全性が国際的に公認され広く使われているイーストフードや乳化剤に何か問題があり、「不使用」強調表示がされている食パンや菓子パンが、食品安全面、健康面で、あたかも優位性がある商品のように誤認される恐れがあり、適切な表示とは言えません〉(山崎製パン公式ウェブサイトより)と訴えている。

・今まで「不使用」の商品を選んで買ってきた消費者は「騙された!」と怒るかもしれない。しかし、それらのパンを食べ続けて健康被害を受けた人などいないはずである。大切なのは消費者自身が科学的根拠のない情報に惑わされず、正しい知識をベースに商品を選ぶことではないか。

2019年5月23日 7時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/16502032/

◆他社の表示について山崎製パンが主張
https://www.yamazakipan.co.jp/oshirase/0326.html

山崎製パン


山崎製パン株式会社は、東京都千代田区に本社を置く日本最大、世界でも第二位の規模の製パン業者である。略称は「ヤマザキパン」、「山パン」などある。
山崎製パン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

「食品添加物=悪」みたいな一部の風潮は正直なんだかなあとしか思えないわな。

添加物不使用を謳うと消費者に好まれる→裏技的な代替技術を開発し、添加物表記を回避→添加物不使用と謳って販売→添加物は悪いものであるという印象が補強される。というスパイラルか。

締めくくりがすべてを物語っているね。

大切なのは消費者自身が科学的根拠のない情報に惑わされず、正しい知識をベースに商品を選ぶことではないか。

イーストがアウトなら発酵関連食品全部アウトですよね・・・w 適当ぶっこんでる似非自然派なんかは少しは学べとw

入ってないから安全というのでなく不使用のかわりに何が入っているかを考えないと…ですね🤔

ヤマザキパンの様な会社が最大手のパン業界は健全だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認