韓国原発で重大事故の恐れ 運営会社の安全軽視に批判

▼記事によると…

・韓国原子力安全委員会は21日までに、南西部の全羅南道・霊光にあるハンビッ原子力発電所1号機で原子炉の熱出力が制限値を超えて急上昇したのに、即時停止を定めた運営指針に反し、運営会社の韓国水力原子力(韓水原)が停止させたのは異常感知から約11時間半後だったと発表した。

放射性物質漏えいはなかったが、同委員会は重大事故につながる恐れがあったとみている。

2019.5.21 18:30
https://www.sankei.com/world/news/190521/wor1905210034-n1.html

ハンビッ原子力発電所


ハンビッ原子力発電所は、大韓民国全羅南道霊光郡にある原子力発電所。2013年5月8日に霊光原子力発電所から改称した。 運営は韓国水力原子力が行っている。1号機は1981年2月着工し、1986年8月竣工。以降、2002年までに6機の原子炉が設置されている。総出力は587万5,000キロワット。
ハンビッ原子力発電所 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

どこも同じ。原発そのものが無理。

これは酷い。信じられない。日本でこんな運用したら、電力会社が潰れるぞ。

ちょい前もこの国の原発で問題があって既に危ないモンが漏れてたらしいですが、マスコミはこぞって報じなかった。

報道されない事が怖い

明らかに人災。このまま被害が大きくなったら、日本の農産物輸入を国際裁判で勝ったのが笑い話になる。

>委員会職員に捜査権を持たせた特別司法警察官を投入し原因や管理態勢を調査している。
日本だと誤魔化して終わりそう

これは、テレビでも報道しないと❗️

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認