25年以上かけて制作された鉄道模型同好会の展示物、4人の若い暴徒が破壊

ナッパ教信徒さんのツイート

イギリスで鉄道模型の同好会が展示会を催すため準備したところ、4人の若い暴徒が忍び入り展示物を徹底的に破壊。

バスケットのゴールに投げ入れられ、電飾は天井の梁にぶら下がっていた。

中には25年以上かけて制作されたものもあり、被害は甚大。4人は逮捕され条件付きで保釈。

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

イギリス


イギリスはヨーロッパの北西部に位置する島国で、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドで構成されています。イングランドはシェイクスピアとビートルズの生誕の地であり、首都ロンドンがあります。ロンドンは金融と文化の中心地として国際的に影響力が高い街です。イングランドには新石器時代の遺跡ストーンヘンジや、バースの古代ローマ時代の温泉浴場跡が残っている他、何世紀もの歴史を誇る大学があるオックスフォードとケンブリッジの街があります。
首相: テリーザ・メイ
イギリス - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

特に理由もなくイタズラでやったのだとしたらひどすぎる・・・

壊した4人に全部直させる刑があればいいのにと思う

馬○騒ぎというレベルを大きく超えちゃってますね…これはいかん

条件付き…?

これはもう、じいさんたちが気の毒で見てられない。寄付金は集まっても、苦労して制作された模型は戻らない。

モデラーの1人として許しがたいことです!保釈とか納得できません!

お金では取り戻せないモノがあるんだよな。それを考えるととても悲しいよな

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認