【拉致問題】望月記者「安倍総理はなぜ水面下交渉をせず首相会談をやるのか?」→ 菅官房長官「何が最も効果的かという判断」

拉致問題について

東京新聞・望月衣塑子
拉致問題について小泉訪朝時は水面下で交渉した上で電撃訪朝し成果をあげた。安倍総理は会談のめども立っていないのに首相(首脳)会談をやりたいと。なぜ水面下交渉を取らない?

菅義偉官房長官
何が最も効果的かという判断であります

Mi2さんのツイート

望月衣塑子 プロフィール


望月衣塑子は、中日新聞社の社員。2018年10月現在、東京本社社会部記者。
生年月日: 1975年 (年齢 44歳)
望月衣塑子 - Wikipedia

菅義偉 プロフィール


菅義偉は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。
生年月日: 1948年12月6日 (年齢 70歳)
菅義偉 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

手の内さらしてどうする?

水面下で交渉したら秘密交渉とか言って怒るくせに。

今の北朝鮮は水面下で合意しても信用なら無いからそれなら最初から見える範囲で調整しようってだけじゃないんですかね

『水面下の交渉』は事前に公表しないから『水面下』なんだよ。

表立って言えないのを「水面下」交渉というのだと、お利口なマスコミさんに世論誘導されてしまう愚民の私でも理解するんだが。

何故、質問の前に必要最低限の知識を仕入れずに質問出来るんだ?

水面下の交渉が表に出たら、もはや水面下でもなんでもないやん。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認