全拉致被害者の即時一括帰国を!国民大集会

増元照明
拉致解決を求める1341万人の想いが国会議員になぜ伝わらない?全ての国会議員に『被害者を取り戻す願いのシンボルのブルーリボンを付けて』と訴えたが付けたのは半数以下で立憲は党首から付けてない。本当に帰ってきてほしいと思ってますか?

DAPPIさんのツイート

増元照明 プロフィール


増元 照明は、日本の政治活動家、北朝鮮による拉致被害者の実弟。家族会の元事務局長、政治団体「照明会」代表。
生年月日:1955年10月5日 (年齢 63歳)
増元照明 - Wikipedia

動画を見る

↓↓↓

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ブルーリボンを付けていない議員と苦言を言ったツイッター民をブロックする議員は信用しないです

立憲民主は未だに「拉致など存在しない。」と言う立場と見た。

何故今まで解決が出来なかった?問題を国際世論に訴えて来なかった外務省の怠慢に大きな責任が有ると思う、国会議員にもそれ以上の大きな責任が有ると思う、総連に気兼ねして及び腰の議員にこの国は任せられない。

ブルーリボンを付けている人に投票しましょう。

北の立場に立って政治やってるんだから、そもそもバッジなんてつけるはずがない。

パフォーマンスでも付けない議員や政党がいるのに驚いた!日頃の言動と照らし合わせてみたいものだ。

ブルーリボンは議員をみる一つの目安。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事