元徴用工側が「被害救済案」検討 日韓両政府に提示へ

▼記事によると…

・韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工らの訴訟を巡り、原告や原告側の弁護団、支援団体は会合を開き、元徴用工の被害救済の具体的な方法を独自に検討し、日韓両政府に提示する方針を決めた。

・日韓の政府や企業が基金や財団を創設する案などが考えられるとしている。

・原告側は今月1日に、被告の日本製鉄と不二越の資産売却命令を出すよう韓国の裁判所に申請している。この資産売却の手続きと並行して、救済方法の内容を検討し年内にまとめる方針という。

2019/5/18 21:46 (JST)

https://this.kiji.is/502462489024693345

徴用工訴訟問題


徴用工訴訟問題とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。
徴用工訴訟問題 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

もう日韓合意の二の舞はお断り。何度もおかわりが通用すると思うな

日本では解決済み。慰安婦財団を勝手に解散し(資金用途不明)、また徴用財団つくるのはおかしな物語。徹底的に無視、相手にしてはいけない。日本はお人好しを卒業するべきだ!

ゆすり、たかりの典型。お得意の基金は、関わる弁護士どもが未来永劫そこから収入を得る打ち出の小槌のこと。だから、現金化やるやる詐欺を仄めかし、なんとか金を引き出そうと躍起なのだ。見え透いてる。

日本側は既に支払い済 二重に取るのは不当

またか。慰安婦和解・癒やし財団はどうなったっけか、んだもん忘れちまったべか

どうせ日本に金を要求するだけに決まってる。お互いに未来永劫関わらないのが一番平和で良好な関係だ。

はぁ? 何で、日本側が提示をせにゃならんのだ?

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認