政府、朝鮮総連を暴力活動の恐れがある破防法適用団体に閣議決定

朝鮮総連「破壊活動の恐れ」=拉致関与も-政府、答弁書を閣議決定

▼記事によると…

・政府は17日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)について、現在も「破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」とした答弁書を閣議決定した。「今後の情勢いかんによっては、将来、暴力主義的破壊活動を行う恐れがあることを否定し得ない」との見解も示した。

・朝鮮総連について「前身組織である在日朝鮮統一民主戦線がこれまでに暴力主義的破壊活動を行った疑いがある」「北朝鮮とも密接な関係を有している」などとも指摘した。

2019年05月17日11時08分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051700511&g=pol

在日本朝鮮人総聯合会


在日本朝鮮人総聯合会は、朝鮮民主主義人民共和国を支持する在日朝鮮人 のうち、「主体 思想」を指導的指針としてすべての活動、運動を展開しているとする人々で構成される団体。 1945年結成の在日朝鮮人連盟がGHQによって「暴力主義的団体」として解散させられた後、新たに設立された在日朝鮮統一民主戦線を経て1955年に設立。
在日本朝鮮人総聯合会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いや、あたりまえ体操

遅すぎですわ

あ、本気だわこれ

遅いですね。とっくに指定されていると思っていましたよ。

遅いぞ!公安

え?いままでそうでなかったの?

オールドメディアは静かですねぇ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認