安倍総理 ミサイル発射でも金委員長との対話めざす

▼記事によると…

・弾道ミサイル発射でも直接会談を目指す方針を強調しました。

安倍総理大臣:「相互不信の殻を破り、次は自分自身が金正恩委員長と向き合うとの決意を私は従来から述べてきました。条件を付けずに向き合うとは、そのことをより明確な形で述べたものです。当然、最重要課題である拉致問題についても話し合います。この立場は先日の北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射によっても変わっていません」

5/16(木) 17:21
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190516-00000047-ann-pol

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官、内閣官房副長官、自民党幹事長代理、自由民主党青年局長を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 64歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

選挙前のパフォーマンス に過ぎない。本当に行く気なら、小泉みたいに突然行く ね。

それにしてもエライ変わり様だけど、まあ悪いことではないわな。

日本はいつまでも重視される国で無いのに北への対応を長期制裁した間違えと、あまりにも遅すぎる対応の切り替え結果がこの発言と言う所かな

国難とか言ってたのにエライ変わりようやな。そろそろ米国が軍事行動起こす頃合い頃合いやから集団自衛権を合法的に行使するため、回避のための話し合い、国際社会への訴えを充分やらんとアカン局面に入ったと「指令」が来たのと違うか

ほんとかな??ww

実際に六カ国協議のメンバーで金委員長と直接対話が出来ていないのは日本だけで、選挙を前に焦っているだけでは? そんな理由で、国益を損ねて欲しくない。

めざすめざすアピールが延々と続くんだな。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認