【レーダー照射】河野克俊氏「韓国は主張が二転三転し最終的には『日本が悪い!無礼!』と言った。日本に非はないので信頼回復は韓国がやること」

信頼回復は韓国がやること

河野克俊
友好国間でレーダー照射する事態は二度と起きてはいけないので説明を求めたが、韓国は主張が二転三転し最終的には『日本が悪い!無礼!』と言った。問題が起きてから自衛隊と韓国軍の関係は低下したが、日本に非はないので信頼回復は韓国がやること

DAPPIさんのツイート

河野克俊 プロフィール


河野 克俊は、日本の海上自衛官。第31代・海上幕僚長を経て、第5代・統合幕僚長。
生年月日:1954年11月28日 (年齢 64歳)
河野克俊 - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

まさしくその通りです。

信頼の回復ほど難しいことはない。韓国にはわからないでしょうな。残念ですね。

ロックオン=攻撃、反撃するのが世界の常識です。これが出来る憲法改正を議論すべきです。国会議員さん‼️国民を守る議論をして下さい‼️

かまうな

元々無い信頼は回復しようがない

絶対に譲歩してはいけません!現在の状況は「友好関係にはない」と知らしめるべきです!レーダー照射が、如何に重大問題であるかを再認識させるべきです!

こう言う発言、防衛大臣は見習って欲しいわ。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認