「裁判員裁判の意味ない」=通り魔事件の遺族-制度導入10年

▼記事によると…

・「二審判決には、納得させてくれる言葉がなかった。結局、過去の判例ということなら、裁判員裁判の意味がない」。大阪・ミナミの通り魔事件で殺害された男性の妻も、一審の死刑判決を破棄した大阪高裁の判断に疑問を感じている。

・東京都に住んでいた南野信吾さん=当時(42)=は音楽プロデューサーの仕事で大阪に出張中、事件に巻き込まれた。幼い3人の子どもと駆け付けた妻有希さん(49)は遺体と対面しても、「現実味がなかった」という。

・一審は求刑通りの死刑判決。「2人の命を奪ったのだから、死をもって償うのが当然。本当にうれしかった」と有希さん。だが、1年8カ月後の控訴審判決は裁判員の判断を覆した。「計画性のない通り魔なら、2人まで殺してもいいのか。もう1人被害者がいればよかったのか」。朗読される理由に体が震えた。

「裁判員の方は、見たくないものを見て、聞きたくないものを聞き、悩んで悩んで、結論を出してくれたのに」。有希さんは、過去の判例を言い募るのなら、裁判員制度なんてやめればいいとさえ思っている。

2019年05月13日06時47分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051200220&g=soc

裁判員制度


裁判員制度(さいばんいんせいど)とは、特定の刑事裁判において、有権者(市民)から事件ごとに選ばれた裁判員が裁判官とともに審理に参加する日本の司法・裁判制度をいう。日本と同じローマ法体系に属するヨーロッパの国々では古くから同様の陪審制が存在し、参加するものは陪審員という。
裁判員制度 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

判例踏襲しかできない裁判官が無駄なんだ。 AIにしてしまえ。

裁判員制度の欠陥だろう。意味ないやん

裁判員制度ができたのは裁判官と国民の考えに大きなずれが生じてたからな、それなのにこの判決は国民の声聞いてるとは思えないが。裁判官が下した判決が全てだってやってるもんだ

過去の判例以上の判決は出ないってク○だな

意味が無いと言うより、裁判員に選ばれてしまった人への影響を考えれば、害悪だと思います。

高裁の裁判官をどうかしないと。

結論を出した量刑が過去の判例に照らして重すぎるから変えるというのは言語道断。まさに、国民の声を反映させるために始めた裁判員裁判の意味がない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事