親を悩ます「PTA問題」 前川喜平さんに聞いた

▼記事によると…

PTAのマンパワーに依存する日本の学校

(略)

――それはいいですね。ただ、「地域」といっても、ボランティアやNPOが誰でも好きなように学校に入れるとなると、懸念もあります。実際、私の子どもの通う公立小学校は2018年に「江戸しぐさ」をNPOから習って、全校で学習していました。

前川 「江戸しぐさ」をまだやってるんですか! あれはやめた方がいいですよ。江戸しぐさは、文科省が作った道徳教材の中に入れちゃったの。あれはねえ、大失敗。僕が初等中等局長のとき、下村さん(下村博文・元文科相)に言われて作った。

あんなインチキなものを伝統的な道徳だって思い込んで学校の教材にしてしまったことは、悔やんでも悔やみきれないです。

2019年05月11日
https://webronza.asahi.com/national/articles/2019050700005.html?page=3

前川喜平 プロフィール


前川喜平は、日本の元・文部科学官僚。 文部科学省官房総括審議官、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官、文部科学事務次官を歴任。
生年月日: 1955年1月13日 (年齢 64歳)
前川喜平 - Wikipedia

江戸しぐさ


江戸しぐさとは、芝三光が提唱し、NPO法人江戸しぐさが「江戸商人のリーダーたちが築き上げた、上に立つ者の行動哲学」と称して普及、振興を促進している概念である。
江戸しぐさ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

おめーがやったのか!

戦前生まれの戦中育ちですが、「江戸しぐさ」など聞いてことがありません。

江戸しぐさ、インチキを教科書に入れるなよと言う感じ

共犯なのに「俺は指示されてやっただけで俺は悪くない」責任のがれスタイル

悔やんでも悔やみきれないほど反対したかったなら自身のキャリアを賭けてでも反対すべきだっただけ。前川にはそんな気概も意志も何にもなかったから言われたまま行動したというだけの話。

デタラメも大概にして欲しいものだ。

これ今からではもう撤回できないのでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認