映画館に「1900円」あなたは払えるか 配信時代の値上げがもたらすもの

▼記事によると…

・東宝系のTOHOシネマズと、松竹系の松竹マルチプレックスシアターズ、東映系のティ・ジョイは2019年6月1日に、あわせて映画料金の値上げを発表した

・横並びで一般入場料を最大1900円にする

・3社とも料金改定の理由として、アルバイト人件費を中心とした運営コストと、設備投資への負担増を挙げている

・値上げの影響で、安価で楽しめるレンタルDVD・BDや動画配信サービスを待つ人が増えるのではないか、といった見方もある

2019/5/11 17:00
https://www.j-cast.com/2019/05/11357069.html?p=all

TOHOシネマズ


TOHOシネマズは、東宝株式会社が子会社・関係会社を通じて同名称で展開・運営しているシネマコンプレックスおよび東宝洋画・東宝邦画系のチェーン映画館である。 本項ではTOHOシネマズ株式会社と同社が経営に関わる映画館、および東宝グループの他社が経営するTOHOシネマズ名称の映画館について扱う。
TOHOシネマズ - Wikipedia

松竹マルチプレックスシアターズ


株式会社松竹マルチプレックスシアターズは、MOVIXなどの映画館を経営・運営する松竹株式会社の完全子会社である。
松竹マルチプレックスシアターズ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

正直、最近はどうしても観たいやつじゃないと行かなくなった。

映画館の収入増の方法としては、チケット代だと、おなじ映画を2回目以降観る人には半額にしたら観直し客も増えたり、売店もパンとかコンビニぐらい商品数を充実させたらいい気もしますし。

100円値上げで見なくなる人は、元々見ない人。映画館はアトラクションだよね。だから遊園地感覚。

年に何回行くかの僕にとっては100円なんて誤差だしみんなそんなもんじゃないの?既に不人気だからこそ運営費が回らず値上げ。例えば不人気で誰も買わないような商品が値上げして誰が困るのか。年に18回以上行ってる人なら1回分減った感覚だから当然不満だろうけど。

値段よりも映画館にまで足を運ばなきゃ行けない面倒くささも現代の若者には出てきてると思う。

値上げうんぬんの議論よりも、この人口減社会で首都圏はばんばん新しい箱作ってるほうが気になるのは俺だけですか、平日シニアで稼げるのもあと数年では、映画業界って中長期的な立ち位置どう考えてるのかな

1000円デーで見るからいいさ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事