「必ず儲かる」借金し契約 マルチ商法、20代相談突出

▼記事によると…

・「必ずもうかる」という言葉につられ、逆にお金をだまし取られた――。そんなマルチ商法(連鎖販売取引)に関する20代の相談が突出している。

・2022年には成人年齢が18歳になり、借り入れ契約などを自由に結べる人が増える。被害の拡大を危ぶむ声もある。

・近年は大学内で勧誘されるケースも相次いでいる。

・勧誘された人が新たな買い手を誘い込むことでマージンが稼げるマルチ商法。それに関する相談が国民生活センターに例年、全国で1万件前後ある。18年度は9759件で、年代別の最多は4割を占める20代だ。

・消費者問題に詳しい貞松宏輔弁護士
「悪徳業者は成人になったばかりの人たちを積極的にターゲットにしている」と指摘する。社会経験や知識が乏しい一方、借り入れやローン契約で使えるお金が一気に増え、親の同意なしで契約ができるようになることが影響しているという。

2019年5月11日08時58分
https://www.asahi.com/articles/ASM4K53V5M4KUTNB009.html

マルチ商法 プロフィール


マルチ商法(マルチしょうほう、multi-level marketing)は、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。正式名称は連鎖販売取引で、その通称である。表向き合法であるマルチ商法を謳う組織でも、違法となるネズミ講と判断された事例も多い。
マルチ商法 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

マルチは現物があるけど年金は向こう数十年ないからね

断れない人が多いというのもある。

現金プレゼントと同じく「うまい話はこの世に無い」

悪徳業者どころか学生がサークルでやってる始末

インスタグラマーとかインフルエンサーとかその界隈で蔓延ってるからか。教育って大事やなって

ゆとり世代か…どんまい

何で儲かる方法を他人に教える必要があるんですかねぇ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事