土井たか子氏が辻元氏をたしなめた一言 象徴天皇制

▼記事によると…

・天皇から国民へと主権が移った日本国憲法では、天皇制は改正の手続きを踏めば廃止すらできる。

しかし、平成の30年を通じて天皇が個人として存在感を高め、尊敬と好感を集めた結果、主権者の意思で象徴天皇制のあり方を決められることが忘れ去られてはいないだろうか。

・大学時代、世界中の戦禍の地を船で巡る「ピースボート」を発案した辻元さんの祖父は、南の島で戦死した。戦時中、多くの若者が「天皇陛下万歳!」と叫び、命を落とした。

だから「天皇制はいらない」と思い、1996年に国政入りしてからも主張した。だが、当時所属していた社民党の土井たか子党首にたしなめられた。

2019年5月7日10時00分(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/ASM52622MM52ULZU002.html

土井たか子 プロフィール


土井たか子は、日本の政治家、法学者。愛称はおたかさん。 衆議院議員、日本社会党委員長、衆議院議長、社会民主党党首などを歴任した。 日本における女性初の衆議院議長、政党党首である。
生年月日: 1928年11月30日
土井たか子 - Wikipedia

999

辻元清美 プロフィール


辻元清美は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党国会対策委員長、立憲民主党大阪府総支部連合会代表、児童擁護議員連盟会長。立憲フォーラム幹事長。NPO議員連盟幹事長。
生年月日: 1960年4月28日 (年齢 59歳)
辻元清美 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

天皇制を廃止するためには改憲しなきゃならないんですがそれは

なら堂々と天皇制廃止を社説や天声人語で主張すれば良いのになぜ国会議員の言葉を借りるのか

天皇は憲法よりも、若しかしたら国家よりも先に在った存在だ。たかが憲法で抹消できる存在では無い。憲法と同列で論じられてたまるか

もともと天皇制なんてものはない。護憲はどうでもいいのか民意は皇室存続なんだが

天皇ファンだけど自分も天皇制について疑問を抱いたことは何度もあるよな。もうちょっと皇族の方々を慮った内容にしたらどうかって考えてる。もちろん主権者である国民が決定できるんだけど野党がなにがなんでも憲法改正反対なんで国会で話し合いなんて永遠に無理そうだけど

国民から尊敬と好感を集めた制度を、廃止しないといけない理由こそねえわ。

確かに昭和に比べて皇族への好感高くなった気がする

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認