元主審モレノ氏、韓国対イタリア戦の誤審を17年越しで認める。「あのファウルは…」

▼記事によると…

・2002年日韓ワールドカップの韓国代表対イタリア代表戦で主審を担当した元審判バイロン・モレノ氏によるいくつかのジャッジは、イタリアを不当な敗退に追い込んだとして世界的に激しい批判の対象となった。

・特に、イタリアのフランチェスコ・トッティが2枚のイエローカードで退場となった判定と、延長戦でイタリアの得点がオフサイドで無効とされた判定は、「世紀の10大誤審」にも選ばれている。だが、問題視された判定はそれだけではない。

・後半にはイタリアのジャンルカ・ザンブロッタが激しいスライディングタックルを受けて負傷し、交代を余儀なくされたが、タックルを喰らわせたファン・ソンホン(当時柏レイソル所属)にカードは提示されなかった。モレノ氏はこの判定を振り返り、「レッド相当のファウルだった」と判定の誤りを認めている。

2019年05月04日
https://www.footballchannel.jp/2019/05/04/post320132/

2002 FIFAワールドカップ


2002 FIFAワールドカップは、2002年5月31日から6月30日にかけて開催された17回目で21世紀最初のFIFAワールドカップ。
2002 FIFAワールドカップ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

あれは誤審とは言わない。意図的、作為的に試合を操作することは誤審で済むレベルじゃない。

みんな知ってます

誰しもが買収って分かってたよ。

今更かよ

リークの値段は買収の何割でしょうか?

この試合は当時見てて子供なりに怒りがありましたねぇひどかった!

うん知ってた

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認