【皇位継承問題】八幡和郎氏「世界一続く約2000年の伝統!簡単にかえていいものじゃない」「日本国民全員で議論すべき問題」

take4さんのツイート

皇位継承が男系男子であるのは権威と権力を分ける日本独特のシステムが故に2千年も皇統が続いた歴史が実証している。

だから蘇我入鹿も道鏡も藤原道長も平清盛も足利義満も徳川家康も皆、天皇になる野望を遂げることはできなかった。

八幡和郎 プロフィール


八幡 和郎は、日本の元官僚、評論家、歴史作家、徳島文理大学教授。
八幡和郎 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

地上波でのまともな議論は、「正義のミカタ」と「そこまで言って委員会」ぐらいのものかな・・・

とても腑に落ちる説明です

道長、清盛、家康は賢いので、皇位簒奪は考えなかったでしようね。入鹿は分かりません。道鏡はガチで狙ってたから和気清麻呂を追放したんでしょう。

確かに、厩戸皇子である聖徳太子でさえ天皇にはなれなかった

これはわかっています。でもどうなるのかな...

つまり「女系天皇」とか言ってるのは歴史の授業を真面目に聞いていなかったか日本史教師がまともに教えていなかったという事。

改革は必要だと思いますが、ご指摘の様な『覇者が天皇になる』事が絶対できない様な制度は残すべきですね。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認