北朝鮮が短距離ミサイル発射 東海岸から日本海に向け

▼記事によると…

・韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が同日午前9時6分ごろ、数発の飛翔体を発射したと明らかにした。

飛翔体は北朝鮮南東部の元山(ウォンサン)周辺から、東方の日本海に向けて発射され、70~200キロ飛行し、日本海に落下したという。短距離ミサイルとみられる。

2019年5月4日 10時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/16409942/

飛翔体


高空を飛翔する人工物。宇宙ロケットや弾道ミサイルなど。
[補説]宇宙ロケットと弾道ミサイルは構造がほぼ同じのため、情報が公開されていない飛翔体について外部から判断することは非常に困難となる。1998年および2009年、朝鮮民主主義人民共和国は宇宙ロケットの発射を行ったと発表したが、ミサイル実験であったとの見方もなされている。
飛翔体(ヒショウタイ)とは - コトバンク

twitterの反応

▼ネット上のコメント

この記事では詳細不明だが、日本は検知できてたのかな?

北と直接向き合うという安倍総理への返答と理解すればよいのか?

きっとほとんどの人が予測していたんだろうね

我が国の領土に落下して、国民に死者や負傷者が出てから憲法9条改正って叫んでも遅いんだよ。

ただのストレス発散

随分射程が短いな。地対艦ミサイルか地対空ミサイル?

やっぱり、やりましたね

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認