渡邉司郎(別府八幡宮 権禰宜)さんのツイート

①改元に伴う御朱印フィーバーが連日話題になっていますね。

先日当宮に御参りに来られた女性のお話です。

彼女は御朱印を集められている方で、先日伊勢神宮に御参りして御朱印をお求めになられたそうです。

神宮の御朱印をお受けになられた事のある方ならご存知でしょうが、神宮の御朱印は

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

朱印 (神社仏閣)


朱印(しゅいん)は、主に日本の寺院や神社において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる。複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)、御朱印帳(ごしゅいんちょう)、納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。大正時代ごろに生まれた屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと、古くからある和綴じ(和装本)のものが多く、寺社、仏具店、神具店や文房具店、書店などで販売されている。
朱印 (神社仏閣) - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

スタンプラリー感覚で集める方も居るみたいですが、私は神社から頂ける、ありがたい参拝証して頂戴しておりますね。

最近の御朱印に対する世間のイメージはまさにスタンプ感覚という感じで、見せびらかしてる人が多いように思いますね

確かにカラフルで趣向を凝らした御朱印が増えてるみたい。これじゃ誤解を招いても仕方ないかも。

御朱印の意味は本当にその通りだと思うし、1冊の御朱印帳で何回も行って都度御朱印をもらうとそのページが真っ赤になるのも味があっていいよね。

御朱印はそこの神様の分身みたいな物、大事に扱い後で神社系の御朱印は神棚に、お寺系の御朱印は仏壇に、神様と同じようにしないと!

本来の趣旨が印だけというのもわかるし、宮司さんが自ら一枚一枚手書きされてるとこなんかは有り難み感じるのもわかる。でも特定の日だけの限定御朱印とかはちょっと商売っけ出し過ぎな感じはある。

神社やお寺に手も合わせず御朱印だけいただいて帰る人も見かけます。残念でなりません

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認