鈴寝さんのツイート

美術の課題で「好きな画家の絵を模写しなさい」ってのがあったので、会田誠さんの「犬(雪月花の内雪)」を描いて出したら、5段階の内2でちょっと怒り気味な評価の文章が書かれて返ってきてブルーになってる。

▼クリックで拡大

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

会田誠 プロフィール


会田 誠は、日本の現代美術家である。奈良美智や村上隆らとともに『新ジャポニズム』の代表的な作家とされる。
生年月日:1965年10月4日 (年齢 53歳)
会田誠 - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

学校の課題にふさわしい内容かどうかで評価されるのもおかしいし、そんなふさわしさがあるのもおかしいなと思いました。会田誠さんの作品は人間の本質を問う作品だと思ってます。好き嫌いは別で、作品は作品、その作品から何を感じたのかが大事かなと素人ながら思います。

美術の授業は先生との感性が合わないといい成績がもらえないというのに疑問を持ったことがあったのを思い出しました。美術の授業で作品を評価されることに疑問を感じます

学校の先生って結局自分の価値観で成績つける人が多い気がします。私もそれでかなり悩んでいました。落ち込む必要はないと思いますよ。これからもご自分の価値観を大切に、そのような大人に流されずに頑張ってください。

確かに美ではあるけど、高校でこれを提出するのはなかなかチャレンジャー

元画材屋です。美術に関わる方々と多く接してきましたが、とてもいい経験をなさったと思います。本当の美とは批判を受けるもんです。次はこの先生の評価1を狙っていきましょう。

教師と言う立場が問題をややこしくしていると思います。両者対等な立場なら「意図的にキモい絵を見せつけるのもそれをボロクソ言うのも表現の自由」で解決なんでしょうけど。

大学は学びを得る場ではなく卒業資格を得る場なので運悪く変な教師に当たったとしても諦めて頑張りましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事