中国「サラ金と同じ」 麻生氏、途上国投資を批判

▼記事によると…

・麻生太郎財務相は2日、訪問先のフィジー・ナンディで中国の劉昆財政相と会談し、途上国に対する中国の過剰な投融資に苦言を呈した。会談後の記者会見では、返済の滞った途上国がインフラを中国に明け渡していることについて「サラ金(消費者金融)の多重債務と同じだ」と批判した。

中国がアジア開発銀行の支援から「卒業」する道筋を早くつけるよう、劉氏に求めたことも会見で明かし「(国際的に)中国はお金を貸す側の立場。都合の良い時に(借り手の)途上国の顔をするのはだめだ」と語った。

2019.5.2 21:12
https://www.sankei.com/politics/news/190502/plt1905020012-n1.html

麻生太郎 プロフィール


麻生 太郎は、日本の政治家、実業家。自由民主党所属の衆議院議員、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問。 内閣総理大臣、経済企画庁長官、経済財政政策担当大臣、総務大臣、外務大臣、衆議院外務委員長、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁を務めた。
生年月日:1940年9月20日 (年齢 78歳)
麻生太郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

「返済能力が無い」のが判っていて融資して、インフラ乗っ取るまでの算段していての融資だから、闇金だろ。

やはり、一帯一路なんて、関わってはいけないんですよ。デニーさん。

だからといって、日本国がアメリカその他のATMになってよいわけではない

あくどいサラ金ですね。早く世界的に取り締まりをしなくては!

その通り

沖縄県知事が思いっきり推し進めようとしてるんですよね

サラ金?ヤミ金の間違いでは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事