石平太郎さんのツイート

今日は「憲法記念日」、この日になると常に思うのは、われわれ日本国民は一体いつまで、GHQに押し付けられた今の憲法の制定を「記念」しなければならないのか、である。

1日も早く改憲して、来年には「改憲記念日」を迎えたい。

そしていずれか、日本人による、日本人の憲法を一から作るべきであろう。

石平 プロフィール


石 平は、日本の評論家。主に日中問題・中国問題を評論している。中華人民共和国四川省成都市出身。2007年に日本国籍を取得(日本名は石平 太郎〈せきへい たろう〉だが、メディア出演等では「石平」で通している)。2008年4月より拓殖大学客員教授。
生年月日:1962年1月30日 (年齢 56歳)
石平 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

本当に、そう思います。現在の状況に合わせて、改憲する必要があると思います。自民党に期待したいですね。

石平先生!仰る通りですね!「改憲記念日」を迎えたい。御意です!

遺憾遺憾の「平成」は終わりました。令和の日本は「旧態依然」から決別しなければなりません。

ほんとです、何が記念日なんでしょうかね!

憲法改正したら、憲法記念日も変わるのかしら?

憲法は「体制」であっても「宗教の教典」ではありませんw。

戦争がしたいわけではない。ただ、日本人が拉致されて何もできない、何もしてあげられないなんて間違ってるとしか思えません。
領海侵犯に竹島の不法占拠。時代に合わせた改憲は必ず必要であると思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認