悠仁さまの机に“刃物”認める 皇室批判も

▼記事によると…

・秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われる中学校で悠仁さまの机に果物ナイフが置かれた事件で、建造物侵入の疑いで逮捕された男が、ナイフを置いたことを認める供述をしていることがわかった。

・皇室を批判する趣旨の発言もしているという。

・事件の数日前から都内のホテルに滞在していて、警視庁は計画的な犯行だったとみて調べている。

5/1(水) 14:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190501-00000097-nnn-soci

皇室


皇室は、日本の天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。
皇室 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

天皇制に反対していたんだな。

セキュリティの担当者は処分されるのか?学校で全てやるのはあまりに無理があるが、ここまで容易に入られたら次こそ学生を刺そうとするおかしい模倣犯が出るかもしれない。

秋篠宮家の批判でしょうか、、警備に不慣れなお茶の水より、学習院に進学すべきだと思います。まわりの生徒も怯えてると思います。

犯人を校内に入れた警備会社は契約を打ち切られる可能性がある。よく確認をせずに入れた方も責任があるかも知れないが警備会社は犯人に賠償を請求したほうが良い。

本当の所は、誰かに頼まれてやったと思う。でも依頼人の名前は絶対に言わないでしょうね。全てが自分の単独でやったと言い切りますよね。なので実行犯が捕まっても真相解明はしないとみた。

大それた事をしでかしながら素直すぎる不思議さ。何かを背負っているような影ある表情のこの男は指示されるまま行動していたのではないだろうか。すべて承知の上で...逮捕されるためだけに用意された男なのでは....。

学校内部に共犯者がいないと難しい犯行だ。計画的とはいえ、1人でできたとは思えない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事