【WTO会合】日本敗訴に疑問の声…「紛争処理制度に問題」 10カ国・地域が「第三国」として意見を表明

WTO会合で日本敗訴に疑問の声 「紛争処理制度に問題」

▼記事によると…

・韓国による日本産水産物の輸入規制を巡り、世界貿易機関(WTO)の紛争処理の「最終審」に当たる上級委員会が日本の主張を退けたことについて、WTOで26日開かれた会合では、各国から「これでは紛争の解決にならない」と疑問視する声が相次いだ。WTOの紛争処理制度の問題点を指摘する意見も多く出た。

・「第三国」として意見を表明したのは、米国、欧州連合(EU)、カナダ、中国、ブラジルなど10カ国・地域。

2019年4月27日 11:51
https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-910030.html

世界貿易機関


世界貿易機関は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関である。常設事務局がスイスのジュネーブに置かれている。
設立: 1995年1月1日
世界貿易機関 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

結果として、日本が韓国側ロビーに負けた格好。批判されるべきは、WTOではなく日本側ロビーの弱さ。

本件に限らず国連機関とやらは最近おかしい。構成メンバーはどうなっているのか。

疑問相次いだところで覆るわけないし

中国も入ってるのか

日本市民の叫びは公平な社会には届かないのか…

これについては日本の負けでいいんだが余計なことするな

このニュースをもっとマスコミが取り上げるべきだと思います。内容はあまり議論されず、敗訴敗訴というニュースだけが一人歩きしている気がします。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認