連合赤軍は誰も幸せにしなかった

元連合赤軍の方
当時の思いは幻想だった。社会、国家、人民とか。目に見える範囲の人たちを少しでもにこやかにするほうがだいじ。それを蔑ろにして、どこかの人民を幸せにと言うのは違う。叔父に『人の幸せとか言いながら誰か一人でも幸せにしたのかい』と言われた。連合赤軍は誰も幸せにしなかった

雨雲さんのツイート

連合赤軍


連合赤軍は、1971年から1972年にかけて活動した日本のテロ組織、新左翼組織の1つ。共産主義者同盟赤軍派と日本共産党神奈川県委員会が合流して結成された。山岳ベース事件、あさま山荘事件などの殺人事件、リンチ殺人を起こした。
設立:1971年7月15日
連合赤軍 - Wikipedia

動画を見る

↓↓↓

twitterの反応

▼ネット上のコメント

昭和の連合赤軍、平成のオウム、令和はこんな狂気が広まらないように…

気づくのが遅かったですね。

何笑ってんだよ他人事かよ

笑顔で語っているあたりが善人ではないというかやはりある種の◯人ですな。

この叔父さんの一言が全てなんです。共産革命で救われた人っていまっしたっけ?

この人達のやりたいことは、ただ現在の破壊。その後の事は、いつも話に出て来ない

人というのは、小さく無力。それを理解しないから、無理が生じる。おごってはいけない。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認