「人をいっぱい轢いちゃった」 池袋暴走事故、87歳の元通産官僚は「ものすごい先生」だった

▼記事によると…

・週刊文春が池袋暴走事故の加害者、旧通産省の飯塚幸三元工業技術院長(87)の経歴などを報道

・日本計量史学会副会長の黒須茂氏によると、1ヶ月前の計量史学会の会議では、飯塚氏は歩く時は杖をついており、「ちょっと肩押さえてくれ。押さえてくれないとまずいんだ」と言われて肩を支えて車まで行ったという

・飯塚氏は旧制浦和高校、東京大学工学部を卒業後、1953年に通産省に入省。傘下に13の研究所と約3000人の研究者を抱える工業技術院長に上り詰めた

・通産省時代の同期で田中角栄元首相の秘書官でもあった小長啓一元通産事務次官は「工業技術院長は技術職としては最高のポスト。飯塚さんは傑出した能力、調整力、リーダーシップを発揮していました」と振り返る

・院長時代の給与は年収2000万円弱。当時の退職金は3000~4000万円

・飯塚氏は71歳で板橋区の新築分譲マンション(約4500万円)へと引っ越した。通産省やクボタ時代の退職金などを元にキャッシュで購入したと見られる

週刊文春 2019年5月2・9日号
https://bunshun.jp/articles/-/11782

飯塚幸三 プロフィール


飯塚 幸三は、日本の工学者。元工業技術院長、国際計測連合(英語版)会長、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(英語版)会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、クボタ常務取締役、平成11年度科学技術会議政策委員会研究評価小委員会委員などを歴任。
生年月日:1931年
飯塚幸三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

未だにクルマの欠陥起因だと主張する人がいますが、仮にアクセルが戻らなくても、ブレーキを踏めば止まると何度言ったら理解するのでしょうか?

本当にコイツだけは許せないし、許さない。過去の功績など関係ない。

裁かれる人間 裁かれない人間。学歴 経歴が全ての法が狂っている日本

技術職の最高権威で年収2000万とかふざけてんのかよマジでさあ

例え誰であり公正公平に法が執行されるべき。こんなことがまかり通るなどあってはならない事。当局は納税者である国民に説明する義務がある!

証拠隠滅の手際の良さもものすごい。 

亡くなられた方が送るはずだった輝かしい未来の方が大事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事