【池袋事故】乙武氏「運転していた方に怒りをぶつけるのがベストではないのでは」

池袋事故から1週間、処罰求める署名サイトも…乙武氏「運転していた方に怒りをぶつけるのがベストではないのでは」

▼記事によると…

・東京・池袋で87歳の男性が運転する車が暴走し、2人が亡くなった事故

・作家の乙武洋匡氏
「やはりご遺族の方が会見をなさってから、運転していた方への非難の声がより強いものになった気がする。確かに彼が免許を返納していれば不幸な事故を起こさずに済んだし、“なんでお前はあそこで…!“となるのも自然な感情だろう。ただ、一番大事なのは事故が二度と起こらないようにすることであって、運転していた方に怒りをぶつけるのがベストではないのではないか。

私自身は車椅子のいわゆる“交通弱者“で、運転していた方も足が不自由だったと報じられているので、もし公共交通機関に乗ろうとする時、どれだけ優しい作りになっているか、周りの方々のお手伝いが期待できるか、と考えると思うその時に、“だったらもうちょっと車を運転しようかな“と思ってしまう社会なのかもしれない。そうであれば、どうすれば免許を返納し、公共交通機関を利用しようと思えってもらえるのか、そのための建設的な議論が必要だ」

4/26(金) 22:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00010021-abema-soci

乙武洋匡 プロフィール


乙武 洋匡は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。
生年月日:1976年4月6日 (年齢 42歳)
乙武洋匡 - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

もし事故を起こした加害者が若者だったとして、アクセスが戻らなくなったと言い事故後親に人いっぱい轢いちゃったって、救急車もよばず電話してたって非難が殺到しますよ。高齢者、しかも足が悪いとか非難する所しかないです。何故署名が集まるのかは、高齢であるからという理由で有罪、実刑を回避する可能性があるからでは。自分はまだまだ運転出来るんだと車社会に出て事故が起きたら高齢者だから厳しく出来なかったら今後高齢者への憎悪が増すと思う。

乙武氏はまだこういう知的なコメントが出来るまでには信頼回復は出来ていないと思う。彼がどんなに正しいことを言っていたとしても「お前が言うな」って思う人は多いと思う。

話を混ぜすぎだろ。まず、加害者は徹底的に糾弾されるべき。なぜ運転できない状態で運転したのか。ブレーキを踏む、クラクションを鳴らす、ガードレールにぶつけて停止するなど危険回避はいくらでもできたはず。危険運転を止めなかった家族にも責任はある。誰もが被害にあう可能性があったんだし、世論が「当事者」として謝罪の言葉もない加害者に怒るのは当然。

実際自らが、今回のように一瞬にして大切な家族が奪われる被害者になったとしても高齢者だから責められない等と思えるのか。

車がないと不便とか、個人の事情など、全く考慮する必要はない。あくまで運転する能力があるかないかだけを基準にしなければならない。どんな事情があっても運転能力が無かったり低い者はじこをおこす可能性が高くなる。車での事故は人命に関わる可能性が高い。だから、能力が低い者は人命を奪う可能性が高くなるので運転を許可してはならない。

そもそも乙武の論点はずれている。事故を起こした人物の責任が一番重く、責められて当たり前。

綺麗ごとですね。もし、自分の家族や自分が同じ立場ならそんな綺麗ごとで済まされるのか。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認