辺野古移設反対派リーダー・山城博治被告、傷害などの罪で有罪確定

辺野古移設反対派リーダー、有罪確定へ 傷害などの罪

▼記事によると…

・米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に抗議する活動中、沖縄防衛局の職員に暴行したなどとして、傷害や威力業務妨害などの罪に問われた、反対派リーダー山城博治(ひろじ)被告(66)を懲役2年、執行猶予3年とした一、二審判決が確定する。

最高裁第三小法廷(宮崎裕子裁判長)が22日付の決定で被告の上告を棄却した。

2019年4月25日12時14分
https://www.asahi.com/articles/ASM4T3GD5M4TUTIL00M.html

山城博治 プロフィール


山城 博治は、政治活動家。沖縄平和運動センター議長。
生年月日:1952年 (年齢 67歳)
山城博治 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・アサヒのくせに被告よばわりしてる… てっきりさん付けかと思ったのに

・最高裁はネトウヨ

・これくらいのことで懲役2年、執行猶予3年か 冗談じゃないぞ カヌー隊やキャンプシュワブ前の座り込みの人たちは海保や警察にひどい暴行されてるんだ

・執行猶予付か。ま、そのうち又やらかすやろ。

・全く反省してない犯罪者に、執行猶予がつくの?なんか変。

・当たり前といや当たり前の話。

・司法が安倍さんが操れるなら籠池さんなんかとっくに刑務所だよ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認