池袋事故の運転手の写真を削除「証拠隠滅か」などと憶測を呼ぶ

▼記事によると…

・東京・池袋で母子2人の死者と8人の負傷者を出した自動車暴走事故に絡み、運転手の飯塚幸三・旧通産省工業技術院元院長(87)の名前や顔写真を掲載していた複数団体のウェブサイトの関連ページが「削除」されていることがインターネット上で憶測を呼んでいる。

元高級官僚の飯塚氏はその後も多くの組織で重役を歴任しており、肩書きも多い。ネット上では閲覧できなくなっているサイトページがあることについて「証拠隠滅のためか」などの声もあがっているが、実際はどうなのか。事故後にサイトの一部の関連ページを削除したある団体の担当者は、J-CASTニュースの取材にその理由を説明した。

・削除の理由についてスガウェザリング技術振興財団の事務局担当者は24日、J-CASTニュースの「池袋の事故を受けた措置か」との取材に対し、「池袋の事故後、サイトに掲載している写真を使わせてくれないかという報道関係の問い合わせが非常に多かったためです」と説明。削除は飯塚氏やその関係者の指示ではないと話す。

2019年4月24日 22時50分
http://news.livedoor.com/topics/detail/16368330/

飯塚幸三 プロフィール


飯塚 幸三は、日本の工学者。元工業技術院、国際計測連合(英語版)会長、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(英語版)会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、クボタ常務取締役、平成11年度科学技術会議政策委員会研究評価小委員会委員などを歴任。
生年月日:1931年
飯塚幸三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・事実がどうあれ、、、地位や金持ちなど関係なく。この国はこの人を裁かなければホントに日本は終わる。。。。

・どの辺りが隠蔽工作なのか分からないし、むしろ上級国民なるものである証拠を消したのなら自らの名誉ある記録が無くなるという不利益なだけでは

・成功ばかり納めていた人かもしれないが未来のある人達の今後に対しては無責任なことをしていると思う。

・逮捕から何日…ってのは理解できるが…別件(別の赤信号無視で人身事故とか)で再逮捕とかやれるわけで、『あえて逮捕しない』忖度があると思われてもシャーナイ

・政府は決して国民サイドに寄り添っているわけではない。都合が悪ければ殺人班を投入し闇から闇へと葬り去る。ましてやこの程度のことなら当たり前の如く隠蔽してしまう。余り騒ぎ立てると間違いなく始末される。裏の政府は間違いなく存在する。恐ろしいことだが事実だ!

・立派な経歴の持ち主ならきちんと責任を取りなさい!人生の最後に汚点を残したままにするのかい?恥ずかしい真似はしなさんな。

・つまり、本人の隠蔽工作ではなく、上級国民に忖度して、関係各所が自主的に証拠隠滅に加担しているわけですね(´・ω・`)

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認