【仮想通貨】ソフトバンクグループの孫正義氏、ビットコインへの投資に失敗で約145億円以上の損失出す…

孫正義氏 ビットコインへの投資に失敗し145億円以上の損失か

▼記事によると…

・ダウ・ジョーンズ通信は23日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が仮想通貨のビットコインへの投資に失敗し、1億3千万ドル(約145億円)以上の損失を出したと報じた。

複数の関係者の話としている。同グループの広報担当者は「コメントを差し控える」とした。

報道によると、孫氏は高値をつけていたビットコインを2017年後半に購入。相場が急落した18年の早い時期に売却し、損失を出したという。具体的な投資金額は不明としている。

2019年4月23日 22時24分
http://news.livedoor.com/article/detail/16362522/

孫正義 プロフィール


孫正義は、日本の実業家である。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンクグループ代表取締役会長兼社長やヤフー取締役、スプリント会長、アーム会長、アリババ取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを務める。ソフトバンクグループの筆頭株主である。
生年月日: 1957年8月11日 (年齢 61歳)
孫正義 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・個人資産なら構わないよ

・孫さんが 大損さんに。

・うちらからしたら100万くらい損したもんだろ。まあちょっとは痛いかもしれないが、外野がとやかく騒ぐことではない

・仮想通貨なんかやってたんかい!!

・平成最後の大損失…

・ソフトバンクの値上げしないで〜😱

・まあ失敗することもあるでしょ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認