太陽光普及に「価格の崖」 売電価格が電気代を下回る

▼記事によると…

・企業による太陽光発電が岐路を迎えた。作った電気を電力会社が高価格で買い取る仕組みが普及を支えてきたが、4月から買い取り価格が通常の電気料金を下回ることになった。電気を「売る」から自社で「使う」への転換が進まないと、再生可能エネルギーの中心である太陽光の利用拡大が危うくなる「値段の崖」に立った。

2019/4/22 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44018630R20C19A4NN1000/

太陽光発電


太陽光発電(たいようこう はつでん、英: Photovoltaics、Solar photovoltaics、略してPVとも)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電、大規模な太陽光発電所はメガソーラーとも呼ばれる。再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。この項では発電方式としての太陽光発電について記載する。
太陽光発電 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ある意味当たり前の状態にようやくなった ということですね

・環境破壊するわ景観壊すわ災害増やすわまったく良いところねーなメガソーラー

・民主党政権の置き土産で、まともな物は一つもない。

・ソフトバンクが推すことは大概こうなりますね。

・太陽光発電、終わるじゃなく「太陽光発電商売、終わる」にしてほしかったな。利益追求してたkzどもの事業が終わっただけだからさ(´・ω・`)

・早急に取り壊し、元に戻せるよう頑張りましょう。まだ間に合います。

・自家消費しろと言う事でしょうね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事