なぜ、投票しなかったのか 浮かぶ政治的無関心「何も変わらない」

▼記事によると…

・経済再生や人口減少、防災といった地域の課題は山積するが、今回の統一選も低投票率が目立った。なぜ投票しなかったのか。理由を聞くと、政治への無関心といった問題も浮かんだ。

「面倒くさいし、自分の時間を無駄にしたくない」。市議選が行われた東京都府中市の専門学校生で就職活動中で多忙だという女性(19)は、こう話した。同じく市議選があった埼玉県川口市の30代の男性会社員は「子供の面倒を見るのに忙しくて行けなかった」と語る。

市長選と市議選が行われた神奈川県平塚市の飲食店店員の男性(24)は「期日前投票をしようと思ったが、どういうシステムなのかよく分からなかった」と述べた。

2019.4.22 00:19
https://www.sankei.com/politics/news/190422/plt1904220012-n1.html

【関連】生田よしかつさんのツイート

政治


政治(英語: politics)の語源は古代ギリシアのポリスである。ポリスはしばしば政治的共同体(ポリティーケ・コイノーニア)とも呼ばれ、あくまで平等な市民間の関係を指した。しかしこの「政治」の含意はやがて曖昧となり、今日では主に人間集団、特に国家や国家間の権力配分やそれをめぐる争い一般を指すものとして理解される事が多。
政治 - Wikipedia

生田與克 プロフィール


生田與克は実業家、一般社団法人シーフードスマート代表理事。従兄は元サッカー選手、Jリーグチーム監督、サッカー解説者の松木安太郎。
生年月日: 1962年 (年齢 57歳)
生田與克 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・有権者が投票に行かない。棄権したわけで、これから不満があっても話せないですよ。

・白紙でもいいから、文句を言う権利をもらうために、投票に行こう。

・投票はとても大事なことだけど、投票行かない人を馬鹿にしたり脅していかせようとしたりする者がいることで政治や選挙に対して「めんどくさい人たちだけで盛り上がっているイメージ」というネガティブなイメージを逆に植え付けてしまいかねない。投票率あげたいならそういう言動は控えたほうがいいな。

・選挙システムを変えないとダメですね😰外国のように投票を強制的にして、投票に行かないものは罰金制度にしたらいい

・投票に行かない、行こうと思ったことも無いという方は一度重い腰を上げてみたらいいのにと思います。

・自民党支持でも立憲民主支持でも共産支持でも無党派でも良いんだよ。取り敢えず選挙に行く。話はそれからだ

・若い方ほど投票するべきなのに。忙しい方ほど投票するべき。不満を抱えて、影で文句言っていても、何も変わらない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認