【福井県知事選】日刊ゲンダイが謝罪文掲載 → 稲田朋美議員「素早い対応を評価します。 這っても黒豆の多い中で。」

稲田朋美議員のツイート

久しぶりです。

日刊ゲンダイが福井県知事選での私の行動について事実に反する記事をのせた。

これまでも重要な地元の選挙では必ず旗幟を鮮明にしてきた私としては看過できず、自ら内容証明で抗議したところ、ゲンダイは訂正謝罪の記事を掲載しました。素早い対応を評価します。

這っても黒豆の多い中で。

▼クリックで拡大

稲田朋美 プロフィール


稲田 朋美は、日本の政治家、弁護士。旧姓は椿原。自由民主党所属の衆議院議員、自民党総裁特別補佐・筆頭副幹事長。実父は政治運動家の椿原泰夫。 防衛大臣、内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣、自由民主党政務調査会長、自民党福井県連会長を歴任。
生年月日:1959年2月20日 (年齢 60歳)
稲田朋美 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・訂正謝罪こんな文章で、ゆるしたらいけないよ。マスコミは、汚いから。稲田さんのような人防衛大臣の時あることないこと書いているのだから。辞任に持ち込み精神的にも色々損失被ったんだから

・ゲンダイでも誤報は事実確認して訂正して詫びるのに、以下略

・元記事の見出しより小さい訂正記事・・。😥稲田さん、これからも頑張ってください。応援しています。

・こんなに失礼な記事を書きながら、実にカンタンな訂正で済ませてますね。

・元記事とお詫び記事の面積は同じにすべき。なんやったらお詫びのほうが大きくてもよい

・訂正記事、、良かったです。毅然とした態度でお願いします!!

・また小さい訂正記事ですこと。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認