東電、福島第1原発で特定技能の外国人を受け入れ

▼記事によると…

・東京電力ホールディングス(HD)は18日、今月から始まった新たな在留資格「特定技能」の外国人労働者を、廃炉作業が行われている福島第1原子力発電所(福島県)など原発での作業で受け入れる方針を明らかにした。

建設業界では東京五輪関連の需要増などもあり人手不足が深刻で、作業員の確保が難しくなっている事情が背景にある。

再稼働を目指している柏崎刈羽原発(新潟県)でも特定技能の外国人労働者を受け入れる考えだ。

2019.4.18 12:11
https://www.sankei.com/affairs/news/190418/afr1904180007-n1.html

東京電力ホールディングス


東京電力ホールディングス株式会社は、首都圏1都7県および静岡県の富士川以東を供給区域・事業地域とする「一般電気事業者」であった東京電力株式会社が、電気事業法の一部改正によって、2016年4月1日から、家庭用電力の小売り全面自由化に対応するた...
東京電力ホールディングス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・安全管理も何もないな。。絶句するしかない。

・これは日本人でやるべきだろう

・駄目だ。良い展望が思い浮かばない。

・これダメでしょ👎

・大丈夫か?また後で銅像建てられないか?

・後始末を外国人に押し付けるのはいかがなものか。

・これはダメです。放射線テロでもされたら今までの積み上げが全て無しになる所か更なる不信を招きます。安全保障上、ダメと考えます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事