【消費増税】自民党・萩生田光一幹事長代行が延期もあり得るとの考え示す「6月の日銀短観で、違う展開はある」

消費増税は6月の日銀短観次第 自民・萩生田氏

▼記事によると…

・自民党の萩生田光一幹事長代行は18日のインターネットテレビ番組で、10月の消費税増税に関し、6月の日銀の企業短期経済観測調査(短観)が示す景況感次第で延期もあり得るとの考えを示した。

「景気はちょっと落ちている。6月の日銀短観で、この先は危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない。違う展開はある」と述べた。

・消費税増税の先送りは「まだ間に合う」と指摘した上で「その場合は国民の信を問うことになる」と明言した。

2019/4/18 13:25
https://this.kiji.is/491440770400486497

萩生田光一 プロフィール


萩生田 光一は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党幹事長代行、千葉科学大学名誉客員教授。 内閣官房副長官兼内閣人事局長、文部科学大臣政務官、自由民主党青年局長、東京都議会議員、八王子市議会議員等を務めた。
生年月日:1963年8月31日 (年齢 55歳)
萩生田光一 - Wikipedia

動画を見る

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・選挙前に延期するよ、国民投票前に凍結か減税だろ

・マイナンバーカードが普及してキャッシュレス還元がまともにできるようになるまで増税するな

・延期しないと負けるわな絶対。

・ただこれやらんかったら安倍さん公約で達成したもの一つもないんじゃない?金融緩和はやったけど結局失敗だったし

あの野党が何故かキレるで

・増税は年金暮らしの老人に直撃するからな、そりゃ上げたら大敗するわな

・選挙が終わるまで延期

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認