【給与減額】会社代表「裁判でも何でもどうぞ」→ 男性従業員が減給の無効確認・慰謝料を求め訴訟した結果…

給与減額「裁判でも何でもどうぞ」 製菓会社に賠償命令

▼記事によると…

・一方的に給与の減額を通告され、会社の代表から「裁判でも何でもどうぞ」と言われたなどとして、男性従業員が勤務する福岡県飯塚市の製菓会社を相手取り、減給の無効確認や慰謝料などを求めた訴訟の判決が15日、福岡地裁であった。

山田智子裁判官は、給与引き下げを「無効」と認定、慰謝料として計70万円の支払いも命じた。

・判決によると、男性は2017年2月、勤務先の「キムラフーズ」から月給を5万円減額すると通告された。異議を唱えると、代表から「裁判でも何でもどうぞ」と言われ、その後、7万円を減額された。

2019年4月16日 20時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/16326549/

(株)キムラフーズ


所在地:〒820-0068 福岡県飯塚市片島3丁目8−52
電話:0948-22-1269

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・裁判のハードルが高いことはわかっているから、まさか本当に訴えられるとは思っていなかったのだろう。

・訴えてみろ!って言う人って大体負けてる気がするのは気のせい?( ´∀`)

・70万?酷い。ここの製品、近所のスーパーに売ってる。二度と買わない。食べない。

・弁護費用いくらかかたんだよ・・・

・なんで下げたのか、仕事量は同じなのに給料下げられたら嫌だよなあ

・この額が適正なのか分からないけど従業員の方が報われて良かった

・訴えた人はさぞかし痛快だろうなぁ・・・

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認