国の宝を救え! フランスの大富豪3人がノートルダム寺院の再建に381億円を寄付

▼記事によると…

・AP通信によれば、「LVMH」と、クリスチャン・ディオールの両社で最高経営責任者(CEO)を務めるベルナール・アルノー氏(70)が2億ユーロ(約254億円)を寄贈、

グッチやイヴ・サンローランなどの高級ブランドを傘下に置く「ケリング」の会長兼最高経営責任者(CEO)、フランソワ・アンリ・ピノー氏(58)とその父フランソワ・ピノー氏(82)が1億ユーロ(約127億円)を拠出することを表明した。

3人の寄付金合計は381億円。なお総資産はアルノー氏が約10兆2300億円で、ピノ―親子は計7兆3900億円となっている。

2019年4月16日 17:44
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/04/16/kiji/20190416s00042000236000c.html

フランソワ・アンリ・ピノー


ケリング最高経営責任者
生年月日:1962年5月28日 (年齢 56歳)
生まれ:フランス レンヌ
学歴:HEC経営大学院 (1985年卒)
子供:ヴァレンティナ・パロマ・ピノー、 Augustin James Evangelista、 Mathilde Pinault、 François Pinault
配偶者:サルマ・ハエック (2009年から)、 Dorothée Lepère (1996年 - 2004年)
映画:預言者
フランソワ・アンリ・ピノー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こういう人たちはどんどん文化的なことにお金を使ってもらいたい。

・寄付するのは素晴らしいことなのだが、これはこれでデモが悪化する可能性がありそうだな

・寄付額381億円。インパクトがすこい。

・3人の寄付だけでスゴー😳総資産もスゴー😂

・こーゆうニュースばかり聞きたい。気持ちのいいニュースばかり流れてくる場所しらないですか?

・大富豪すごい。。。本当の大富豪は、惜しまない。

・強すぎる

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認