仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊

▼記事によると…

・パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、大規模な火災が発生した。火災により同寺院の尖塔が崩壊。1000年近い歴史を持つ寺院とその貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されている。

4/16(火) 2:31配信
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6320469

ノートルダム大聖堂


パリのノートルダム大聖堂 はゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録された。現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されている。
ノートルダム大聖堂 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・うわぁ、マジか?

・取り返しがつかないような、致命的な損害が発生しないことを、願うばかり

・誰もが教科書で見たり、名前だけでも聞いた事があるはずの世界遺産です。調べると非常に構造が複雑らしく、石作りでも崩れれば修復はかなり難しいとのこと。

・建物自体も勿論価値はあるけど、中にも人類の宝が沢山あるはず。一刻も早い鎮火を期待してます。頑張れパリ消防隊員。

・改修が原因の可能性という記載もあったが、直すための作業で破壊されたのなら何ともやりきれない話だ。

・フランスの有名な観光地で世界遺産。大規模火災と聞いて大変なことになってるのがわかる。とにかく被害が少ないことを祈るしかない。

・ここの大聖堂は中も素晴らしいが、屋上からの景色も素晴らしく、鐘の音も素晴らしい。パリに行ったらルーブル、オペラ座と同じく、多くの日本人が立寄る場所。被害が大きくならないことを祈ります。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート(ランダム)&結果を見る