「令和」に待った! 矢崎泰久さんら元号差し止め求め提訴

▼記事によると…

・3月27日、天皇の即位のたびに元号を制定するのは憲法の精神に反するとして、国に元号制定の差し止めを求める訴訟が東京地裁に起こされた。原告は本誌でもお馴染みの矢崎泰久さん(86歳)と弁護士の山根二郎さん(82歳)、会社役員で元国家公務員の北原賢一さん(70歳)の3人。元号の制定を違憲とするこうした訴訟は初めてのことだという。

・山根さんはまず「元号の制定は国民が個々に有する『連続した時間』を切断・破壊するものだ」と切り出した。すなわち、国民は西暦を時間の尺度とする「世界史の時間」に自分の個人史の時間を重ね合わせて生きている。元号の制定はこれを「天皇在位の時間」に閉じ込めてしまうものであり、それは日本国憲法第13条が保障する個人の尊厳を侵害するとの主張である。世界中で日本にしか残ってないとされる元号制によって自己存在の根源をなす時間の意識を損なうことはアイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害である、と。

4/15(月) 10:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00010000-kinyobi-soci

元号


元号とは、日本を含むアジア東部における紀年法の一種。特定の年代に付けられる称号で、基本的に年を単位とするが、元号の変更は一年の途中でも行われ、一年未満で改元された元号もある。日本においては年号とも呼ばれることもある。
元号 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・何言ってんの?(笑)天皇の在位を現すもので国民を昭和生まれ平成生まれと区別するものではないと思うけど。

・自由にしてください。ただし元号使いたい人を弾圧するような馬◯な真似だけはするな。

・まあ、この手の理解不能な人も含めて存在を許されている良い日本は本当に素晴らしい。

・この人たちは何を言いたいのだろうか。元号が変わる度に時間を区切るから、個人の自由に違憲しているだと?それなら、西暦も同じことが言えるんじゃないんかな。

・持ってる知識や難しい言葉、憲法を持ち出して自分達こそ正しいような感じでいますが、私のような一般市民からすれば、屁理屈ばっかり言うてそんなに嫌なら日本人やめぇや、としか思えません。

・「待った」じゃないんですよ。元号が続くことは決まってんだから、あなた方だけ勝手に平成に留まっていればいいでしょ。

・きっと、こういう方々が若者に説教するのだろう。「若者よ、努力しても報われない社会が待っている」って(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事